FC2ブログ
2015/04/18

花咲ワークスプリング グランドエンディングと感想

花咲ワークスプリング
この記事はネタバレを含みます。
ゲームをクリアした方のみご覧ください。
それ以外の方の閲覧は自己責任でお願いします。
ともあれTRUEルートとゲームの感想になります。

まずグランドエンディングから
エンディング曲をfripsideがここで歌うとは予想外でしたが
(OPの片霧烈火さんも予想外)
fripsideのイメージとは少し違って新鮮味のある曲でした
早くfullが聞きたい!

遊真の心情の描写が濃くなり
キャラクター同士の絡み方も複雑に。
各キャラルートでは語られなかった幽霊部や
過去の何でもお助け団、飛鳥について触れらます。
各キャラしっかり個性が出ていて
最後の火事場のシーンではやはり涙腺に響いてしまいました。
アクターおいしい所もって行き過ぎ!
主人公の親友ポジションがあんなにも輝いて見えたのは初めてかもしれません。
若干火事場への持って行き方が強引だった気はしますが
終わり良ければ全て良しと言いますし。

各キャラルート
・祈
今回は発売前から祈、クリア後も祈と
祈一直線でした。
最初の態度から一変徐々に遊真に心を許していく
ルートの流れはとても綺麗なものでした。
遊真の猛烈アタックも心に響きました。
見ていて微笑ましく祈がプレイヤー視点でもどんどん可愛く見えてきます。
そして定番ですが一度喧嘩をします。
それでも抑えられない思いが…
と定番の流れに突入。
普通ならあれこれと策を講じて解決するところでしょうが祈は違いました。
主人公との殴り合い解決なんて見たことありません。
(あまりゲームをプレイしていない管理人のプールで、ですが)
そして最後のデレ具合といったら…
AFTER Hの祈の忍者コスは似合いすぎ。

・ヒカリ
金髪なので危険かと思いましたが
思ったよりハマらなかった金髪キャラ。
後輩ポジも金髪キャラも嫌いではないのですが
相手が祈では部が悪かった。
そういえば管理人が気に入るタイプのキャラとしては祈はかなり
珍しいタイプです。
ヒカリのようなキャラは直球でお気に入りタイプかと思っていましたが
どうしても管理人の中ではサブキャラ感が強く
押しが弱く感じてしまいました。

でも一途で終始ニヤニヤしていたルートでした。
パジャマはヤバイですよ!

・彩乃
最多留年の先輩。
もともと先輩キャラがなかなか苦手な管理人です。
購入前のキャラページの段階から
かなり厳しいのではとの懸念があったのですが
こちらは逆にキャラの性格が苦手要素を薄めてくれた印象でした。
振る舞いは年上キャラなのですが
すんなり受け入れてしまえるキャラでした。
というか普通に可愛いです。
年上キャラにギャップを感じることは少ないですが
直線的な押しだけでここまでキャラを尖らせるとは…

彩乃さんのような明るいキャラは意外と好きだったりします。
基本静かなタイプを気に入る事が多いですがバランスの問題かと

・若葉
親友という事もあり
ヒロインからゴリ押しするタイプのルートでした。
キサラギなどだと翼は押しの面では結構最後まで引っ張りましたが
序盤から全力攻撃でした。
ここまでハイなキャラも苦手枠ではありましたが
これもすんなりスルー
主人公じゃなくプレイヤーが押し負けてどうする…
ゲームの中では立ち絵が一番好きなキャラクターでした。
どの表情もお気に入りの立ち絵です。

・柑南ルート
ルートの序盤から最後までゴリ押し。
問題要素が多くどちらかというとハラハラしながら見たルートでした。
ただギャップの反動が一番大きいキャラでもあったので
楽しんでプレイできました。

髪の長さを選らんでプレイできるという
管理人にとっては初めての選択肢で2倍楽しめました。

・ののかルート
個別のキャラルートの記事にも書きましたが
義妹ルートで苦手かと思いきや意外と微笑ましかった
という謎ルート。
妹キャラといえば付き合い始めてから
周囲の理解を得たりetc…
各種問題が発生し、それを二人で乗り越えて…
的な流れが多いですが
”まさかの全スルー”
遊真が家を出ると宣言したシーンはかっこよかったです。
最後家に帰ってきて寝ている遊真にののかが寄り添うCGがお気に入りです。


・総評
各キャラのルートにネタバレアリで正直に感想を書いてみて
改めて感じたことはこのゲームの雰囲気と勢いの良さです。

多少苦手なカテゴリのキャラでもすんなり受け入れてしまえる
勢い、ノリの良さ。
そして何よりゲームの最初から最後まで
ドシリアスな場面以外常にある楽しい雰囲気に
ゲームをプレイしているプレイヤーまで巻き込まれて暖かい気持ちになれる点が
素晴らしいと思いました。
いままでPCゲームはあくまでも小説を読むように“読み進めて”いましたが
このゲームは読むではなく入り込むようにプレイできたのです。
本気でキャラ達に感情移入してしまう程のキャラクターの魅力
それを最大限に活かす雰囲気とテンポがしっかり噛み合った作品でした。

あえてマイナスポイントを挙げるとすれば
遊真の過去の薄さでしょうか。
今までのサガプラ作品は常に大きな謎が隠されていました。
(ComingHummingは若干薄かった気もしますが)
夏、秋、冬、カルマルカと特に夏、冬は大すぎるスケールの展開があったり
カルマルカもTRUEルートには鬼気迫るものがありましたが
TRUEルートが意外とあっけなく終わってしまったところが残念でした。
それでも火事場シーンの緊迫感はしっかり評価してほしいポイントでもあります。

マイナスポイントを振り切るほどの
テンポの良さとプレイヤーまで元気にしてくれる雰囲気が
ワークスプリングにはあると思います。
こういった意味ではゲーム未プレイの人に勧める作品としてはかなり優秀だと感じました。
全力でキャラクターを可愛く魅力的に見せられる良い作品になったと思います。

最後にSAGAPLANETSに感謝を。
仕事が始まり疲労気味だったにもかかわらず
全力でプレイさせていただきました。
たくさんの元気を貰える作品をありがとうございました。
次回作にも期待大ですね!
サガプラファンとして次回作も期待したいと思います。


今回も楽しいゲームをありがとうございました。

祈サイコー!!!
…じゃなかった!
ワークスプリング最高!!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント