FC2ブログ
2014/05/01

D.C.Ⅲ P.P. プラチナパートナー 感想

この記事はD.C.Ⅲ P.P. を全キャラ攻略した方向けです。
本編のシナリオのネタバレを含みます。

シナリオのネタバレを含む部分は
「続きを読む」以降の記事となります。

これより追記記事まではまだゲームを購入していない
もしくはまだヒロインルート分岐まで辿り着いていない方向けになります。


今回攻略できるヒロイン5人と魔法、前世の関係性は以下の通り

立夏ルート 魔法、前世
葵ルート  魔法、前世
姫乃ルート 魔法?
シャルルルート 前世
さらルート なし

姫乃ルートは魔法関係か前世関係か非常に怪しいところ…
魔法が関連してくるとD.C.の根幹に触れる内容が登場するので
楽しみつつゲームを攻略したい方は
さら→姫乃→シャルル→葵→立夏
この攻略順をおすすめします。
シナリオを堪能しつつ少しずつ魔法、前世の記憶などの
D.C.の謎に迫る事ができます。
何となくですがD.C.Ⅱの主人公 義之が誰と結婚したのか
わかりそうでわからない様なセリフが見られたりもしますよ!

以上が全キャラ攻略していない方向けの内容です。

素晴らしいシナリオ、キャラともマッチしていました。
キャラクターの個性もしっかり強調されていて
風見鶏編と比べるとシナリオの長さ的に多少の物足りなさは感じますが
5人とも濃いシナリオだったので十分満足です。

もし私の下手な文章での感想を読んで
少しでも興味を惹かれた方がいらっしゃいましたら
是非購入をご検討下さい。
後悔はしない内容だと思います。



さて、ここからがネタバレ込みの
感想になります。
まず、D.C.に関するネタは結構散りばめられていましたね。
ななかの話が出てきたり杏はすももを引き取っていますしね。
「スレイプニルバレー殺人事件」とか「真夏の卒業式」とか
どちらも好きだったのでもう一度見たくなってきました。
ファンには嬉しい限りですな~

では、各キャラごとの感想です!
立夏ルート。
付き合い始めるまで立夏の記憶が原因でグダグダしてしまったのが
個人的には少しムズムズした所。
記憶の解除キーを言い当てるあたりも少しテンプレ展開すぎて
あまり好きになれなかったです。
あの場面は解除キーを使わずに気持ちで記憶を戻して欲しかったです。
キャラは好きなのですがシナリオが追いつかなかった…
やはり私が好きなのは「森園 立夏」ではなく
「リッカ・グリーンウッド」だったようです。
ただし「恋をするっていうのは、それだけで何よりも強力で
とびっきりの魔法なんだから」このセリフが聞けたのは良かったです!

正義の魔法使いのくだりで
何となくですが正義の魔法使いは
義之と音姫の子供なんじゃないかな~と思わせる発言がありましたが
実際に名前が出たわけではないので実際のところは何とも言えません。
(まあ、あのリボン…隠す気はなさそうですが)
立夏ルートだけの登場だったのでもう少し出番があってもよかった気がします。


葵ルート
正直本当にあれでハッピーエンドでいいのか個人的に怪しい。
立花と同じく個人的評価は低め。
最後の記憶を消すシーンも少し納得のいかない場面でした。
最後はウェディングドレスを着せておきながら
病状は回復していないという喜んでいいのかどうかよくわからない終わり方。
解釈に困ります…


姫乃ルート
今回個人的にさらと1,2を争う良ルート。
主人公とヒロインの精神が入れ替わるという
王道すぎる王道を通りつつもキャラの魅力を壊さず
あれだけ綺麗に話をまとめきることができたのは相当だと思います。
何より印象に残ったCGなのですが
清隆と姫乃が手を繋ぐシーンですね。
姫乃
このCGがどうしても風見鶏編の姫乃を夢の世界から救い出す際のCG
を思い出させます。
姫乃2
感動のシーンが蘇ってまた風見鶏編もプレイしたくなってきます。

全体的に姫乃らしさが溢れるCGが多かったのでその点でも満足しています。
今回P.P.で姫乃の評価が急上昇しています。


さらルート
魔法も前世もまるで関係ないルート。
だからこそ感動のシナリオに仕上がったのであろうルートです。
ヒロインの両親が唯一登場するルートで
清隆がタジタジだったのがまた面白かったです。
CGも綺麗で姫乃と同じくさらの評価が上がりました。
やはり告白シーンのCGが深く印象に残ります。
枯れない桜といえばD.C.で思い出されるCGは多いです。
さら
このさらのCGも良いのですが
さくら
このさくらの最後のシーンは非常に涙腺ピンチの熱い展開で
感動を挟まれて本気で危なかったシーンです。
風見鶏編のメインといってもいいのではないでしょうか。
ななか
枯れない桜、告白、といえばこのキャラも頭に浮かびました。
D.C.Ⅱ…
長いけどお気に入りキャラだけでももう1回プレイしたいな…

もう一つ。
D.C.シリーズを盛り上げる重要なキャラ
「杉並」の存在です。
今回は杉並成分が不足していて
どうしてもお祭り騒ぎ感が出なかったのが残念。
無難な方向性に持っていくにはそうするしかなかったのだろうか…
杉並と立夏、シャルル、四季率いる生徒会の合戦も見たかった…

今回P.P.は5人のヒロインのみ攻略可能でしたが
残念な事に今回私が一番気に入ってしまったのが…
すもも

雪村すもも。
D.C.Ⅱのキャラでは小恋が一番好きだったのですが
おそらく2番目に好きなキャラ 杏。
(まひるといい勝負をします。)
杏はダークな感じが好きだったのですが
杏からダークさを少し薄めた印象のすもも
それがどストライクでした。
多少ダークさを見せつつも時折かわいい一面が見られるキャラ。
修学旅行の怪談でわざと清隆に抱きついたシーンが特に
気に入っています。
これは是非ファンディスクを作っていただいて
ルートを用意してもらわないと…


しかしさすがD.C.です。
期待を裏切らない完成度でした。
本当にファンディスク期待です!
サントラで各楽曲のfullも聞きたいですね!
何か情報が出たら記事にしたいと思います。

長々とお付き合いいただきありがとうございました。
あくまで個人的な感想ですが共感できる方がいれば嬉しいです。

ちなみに余談ですが
すももの画像を探している際に
「雪村 すもも」と画像検索するつもりが
間違えてウェブ検索をしてしまったのですが
検索候補に「雪村 すもも 攻略」という候補があったので
クリックしてみると……
(実際に検索してみてください)
どうやら同志は多いようです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re: どうしてもD.C3がD.C2に劣ってと言うか納得できない(泣)

コメントありがとうございます。
やはりⅢはⅠⅡと続けてきたシナリオがあってこその
作品で過去の話を描くことで全てのシナリオをまとめ上げつつ
出来あがった作品だと考えています。
Ⅱは特にキャラ数も多くボリューム感があったので
Ⅲに物足りなさを感じる点は私も同じですが
風見鶏編はルートをクリアする度にループに近づいていく演出や
P.P.は各キャラをより押し出しているなど
個々に評価する点は多いと思います。

私も結局小恋が好きなだけあって
どれが一番かと言われるとⅡと答えてしまうのですが
やはりⅠ~Ⅲまで繋がってこそのD.C.ですから
あえて全部に順位など付けずに「D.C.最高!」と言える人でありたいと思います。

どうしてもD.C3がD.C2に劣ってと言うか納得できない(泣)

どうもこんばんは((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
僕はcircusが大好きで全ての作品を一度はプレイしています!
circusを長年推していますが僕の中では
D.C.2PCまたはD.C2PSが最高過ぎて
3の風見鶏編にしてもPPにしても内容に物足りなさを感じてしまいました.....circusは大好きなのですが2が良作すぎてどうしたらいいか分かりませんww
主はどう考えでしょうか?