FC2ブログ
2013/10/01

カルマルカサークル えーっと…終わっちゃいました?

え~
経緯は色々ありまして…
ホントどう説明しようか
何故こうなったのか?

とりあえず奈月ルート終了は記事にしました。

その後予告通り暦ルートを攻略
普通にこよみんルートは最高でしたよ!?
どちらかというとやはりキャラの魅力よりは
ストーリーの濃さが目立ちましたが…

で、この後が問題。
突如私のPCの火狐がダウン。
インターネットができない状態に…

本当はこよみんの記事を書き上げるつもりでしたが
インターネットができないのでは仕方がないので
カルマルカのプレイを続行。

ニコルルートに入って
攻略途中でゲームを中断し
一度睡眠。

次の朝目が覚めると…
持病の腰痛で立てない状態に
しばらく悪戦苦闘するもまるで動かず。
どうしても動けないので
学校とバイトは休むことに。

まるでやることがないので
寝たまま動かせる位置に
ノートPCをセッティングしてもらって
カルマルカをオートモードにして
ずっとプレイしていました。
(オートなので鑑賞状態)
気が付くと2時間後にはニコルルートが終了。

そのまま晴ルートを攻略し
晴ルートも昼過ぎには見終わって…
サブヒロイン的な立場の
夕姫羽ルートも攻略。
あくまでサブのようで
長さは他のヒロインの約3分の1ぐらだったと思います。
結構いい感じのキャラだったので
少し残念です。

ちなみに奈月ルートの記事で
カルマルカは結構王道系を走っていくのか…?
と書きましたが
割とそんな感じでした。

でもどのキャラも話は結構シリアスでした。
個人的にはストーリー面重視のゲームだと
思うのですが、ネタバレもどうかと思うので
記事にするときはキャラの魅力重視で
語りたいと思います。


最後にゲーム全体を通しての感想。
フラグは結構拾いやすかった気がします。
重要なポイントは結構な割合で
自分で気付くことができるレベル。
ゲームの構成としては

各キャラを攻略(プレイした感覚では順不要)

グランドエンディングへ

といった構成のゲーム
全キャラを攻略して
各キャラクターの抱えている問題を理解して
エンディングの謎へつながります。

全体として謎はかなり深いです。
頭の中でしっかり整理していきながら
話を進めないと途中で意味が
理解できなくなる所もありました。

グランドエンディングも非常に見ごたえのあるものでした。

はつゆきさくら等に比べて
各キャラのルートにファンタジー要素が
抜け落ちていたので若干心配なところがありましたが
TRUEENDではしっかりサガプラの力を見せていただきました。

ちなみに
毎回ゲームが終わる度に
お気に入りのキャラをランク付けしたりしているのですが…
今回はかなり難しい…
晴やニコルもストーリ面でのポイント大。
奈月、暦はキャラ面でのポイント大。
夕姫羽は声優面とキャラの個性で…
北見六花=五行なずな(ましフォニの愛理)=小野涼子

普通に話しているときは北見六花名義のキャラの
話し方なのですが感情が入った演技だと
何故か五行なずな名義のキャラ(愛理)の声に聞こえます。
あまり声優で変わったりする事はないのですが
結構気に入っています。

奈月ルート終了の記事しか書いていないので
改めて奈月から攻略した順に
各キャラのお気に入りCGなんかを
記事にできればいいかなと思います。
しばらく記事はカルマルカ三昧になりますが
少しだけお付き合いください。

全キャラ最高のゲームでした。
始めはあまり乗り気でなかった晴やニコルのルートでも
のめり込んでしまう程でした。

カルマルカ*サークル最高でした!

※PCが復帰したら
画像を追加しようと思います。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント